今年の節分と方角は…

query_builder 2024/02/01
ブログ
節分イラスト

四季折々の旬な果実、各行事にはうるさかった祖母を思い出しながらブログを更新しています。(´∀`*)ウフフ


豆をまいて福を寄せ、鬼を退治する『節分』。


親しみはあるけれど、そもそもの意味や正式なやり方についてはちょっと自信がない。

そんな方は意外に多いはず。(独断と偏見(。-`ω-))

だから色々と調べてみました。


2024年の節分は、2月3日(土)。太陰太陽暦では立春に最も近い新月を元日とし、新年の始まりであることから、一般的に立春の前日に節分の行事が行われるようになったとされる。[諸説有り]  

では、節分とは具体的に何をする日なのだろうか。

一般的に邪気を払い、無病息災を願う行事、といわれている。

いにしえより「季節の変わり目は邪気が入りやすい」と考えられ、また「この時期(2月上旬)はまだ寒く体調を崩しやすい」ことから新年を迎えるにあたって、邪気を祓い清め、一年間の無病息災祈る行事として追儺(ついな)という行事が行われてきた。


元々の発祥は中国だが、大陸文化が広く取り入れられた平安時代、大晦日に宮中行事として追儺が行われるようになったと言われている。これは疫鬼などを追い払うもので、大晦日に陰陽師がきて厄や災難を祓い清める儀式とされ、古くは「続日本書紀」のなかに、疫鬼払いとしての記述が見られる。宮中行事としての追儺は徐々に衰退し、江戸時代には行われなくなったという。しかし、いつの頃からか、追儺は豆をまいて鬼を払い無病息災を願う「節分」という行事として庶民の間に広まり、定着したものだそう。


  邪気を払い、無病息災を願うのが「節分」という行事だが、ではなぜ豆をまくのだろうか。

そんな疑問から色々と調べていたら昨日も日付が変わっていました。(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

古来より日本人は、言霊の存在を信じ、言葉と霊力に意味を与え、それを生活のなかに取り入れてきた。豆をまくようになったのは、室町時代とされているが、豆=魔目(鬼の目)を滅ぼすということに由来されているという説がある。


また、豆は五穀(米、麦、ヒエ、アワ、豆)の象徴であり、農耕民族である日本人は、これらに神が宿ると信じてきた。   節分に使う豆は、前日に炒って枡に入れ神棚にあげておくのが正式。できればお祓いを行うと、なおよいとされている。豆が神聖なものだと思えば、その行いも腑に落ちる。また、基本的には大豆を使用するが、炒り豆にするのは、後から芽が出てこないようにするため。

  もしも、芽が出てしまったら「凶事が起こる」などと、昔の人は大層それを恐れたという。そうならないように「豆を真っ黒になるまで炒り続けた」というエピソードもあるとか。また、(鬼の目を)射る=炒るという語呂合わせからきているという説も。「まめ」は健康という意味もあるそうです。

最近では、やれもったいないだの、食べ物で遊ぶな的な炎上も多く、節分用の豆も小分けされた袋のまま投げることによりお母さんが豆を掃除する手間が増えないためにも企業側も色々と努力しているそうです。٩( ''ω'' )و


恵方巻を東北東に向きながら食べ、豆をまき、福を呼び込み、鬼を退治して

今年も無病息災で社員一同頑張って行きたいと思います。( ˘•ω•˘ )

NEW

  • 今年度を迎えて…

    query_builder 2024/04/08
  • 建設業の労働時間規制が厳格化される❓

    query_builder 2024/03/09
  • 3月といえば、ひな祭り、卒業式ですが…( ˘•ω•˘ )❤

    query_builder 2024/03/02
  • 今年の節分と方角は…

    query_builder 2024/02/01
  • 明日から始動します

    query_builder 2024/01/08

CATEGORY

ARCHIVE